2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月

この1週間の事






この1週間が・・・何週間にも感じてとても長く
(長文になります)

何をどう書いていいのか・・・

ちょうど1週間前の今日
夜ごはんの時 食い付きが悪く
最終的には完食したけど
何かがおかしい。。。

夜中 嘔吐
はぁはぁと息づかいも荒く明らかにいつもと違う様子のねね
1度吐いただけなら朝まで様子をみようと思ったけど
居ても経っても居られず・・夜間救急へ

そこで血液検査・レントゲン・簡易エコーを受けました
症状が出て数時間しか経っていなかったせいか
大きな異常は見られず CRPが3・7と高めだったため
抗生剤を打って帰宅

家に着いたのは朝の5時半
そこからも吐きが続き・・・

診察時間までとても長く感じながら
かかりつけの病院に

そこでは検査せず 点滴1パックと抗生剤を打ちました
それが土曜日
帰ってからも呼吸過多・・・吐きもあり
しんどそうだったので夕方また来院し
同じ点滴と吐き気止めを打つ
帰宅後 少し落ち着いて寝ていたけど
夜中から・・やっぱりはぁはぁ 少し寝ては はぁはぁ

翌日曜 来院 血液検査
CRPが一気に上がり それに反して白血球・血小板が激下がり・・・
プレDICの状態になっていて・・緊急入院
しない選択は無し。。敗血症からのプレDIC
敗血症もDICもほとんど聞いたことが無く・・・

敗血症
体内にある細菌などが血液中に入り細菌や毒素、感染に
対する反応物質(サイトカイン)などで全身に重篤な症状がおこった状態

急性の場合 胃腸損傷が関係する事が多い
━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━
ねねはこれに当てはまる可能性が大!!

播種性血管内凝固症候群「DIC]
(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)
悪性腫瘍・急性膵炎・敗血症・ショックさまざまな基礎疾患に
合併して全身に微小血栓が作られる病態

膵炎の検査は陰性!

静脈点滴 抗生剤の治療が始まり
この夜数値が下がるようなら・・この病院で使える1番強い抗生剤に
変更すると。(これは命に危険がある場合使用するもの)



DSC_3929.jpg
これは入院した翌日のもの
笑顔だけど・・まだまだ良くない状態

入院した夜が最悪のピークで
夜の血液検査は朝とほぼ横ばい
でも血便(水様便)が出て
強い抗生剤に変更





DSC_3932.jpg
そこから毎日朝晩2回の面会
白血球・血小板は毎日少しずつ上がり
CRPも20~10と下がってきました



抗生剤を変更して2日目くらいから徐々に元気も出てきて

実は夜間救急で撮ったレントゲンで胃と十二指腸の境あたりに
ガスがたまっているのが写ってました
一か所にガスがたまるのは変らしく何かしらの
原因で閉塞したような状態(異物?もしくは腫瘍)
少し元気が出てきたところでCT検査を受けることにしました
その結果次第では開腹手術も視野にいれて。。。
ここでも私には選択肢が無く・・
一人取り残されたような・・周りだけで事が進んでいるような。。

検査前に撮ったレントゲンではガスの位置が胃に
移動してました

CTの結果 明らかな異常所見見られず
詳しくは画像診断からの結果待ちです


飲まず食わずが丸4日 入院中2キロ体重が落ちました
5日目から低アレルギー用の缶詰を少しずつ食べられるように

そして昨日やっと退院することが出来ました


DSC_3944.jpg
迎えに行った時のねね

病院でも先生に尻尾ブンブン 飛びついたり元気そう

家に帰って晩ごはんも食べられました
まだフードもふやかし量も少しだけど


今回 健康な子でも突然 死と向き合うような
病を起こす事があるんだと。
入院の判断が治療が・・少し遅れていたら
今ここに・・ねねは居なかったのかもしれません
病院では出来る限りの治療をしていただき
無事にねねを返してくれました
ホントに感謝でいっぱいです

そして~たくさんのお友達から応援・元気玉を
頂きどれだけ励まされたことか
輸血がいるならいつでも飛んでいくからと何人もの方に
言ってもらえ~どれだけ嬉しかったことか

ねねを通して知り合えた方々
こんなにも温かくどん底のねねと私の支えに
ありがと~の一言では全然足りない
感謝~感謝の気持ちでいっぱいです

まだ完全復活した訳ではないので・・・不安が無いと言えば
ウソになるけど

いつもの元気なねねに戻るまで全力でサポートしていきたいと
思っています

帰って来てくれたのだから~~~








スポンサーサイト
覚書 | Comments(-) | Trackbacks(-)